FXを始めたいけど、何をすればいいのか!

>

自分の資金に合うFX会社を選ぼう

FXはいくらから取引ができる?

FXは、売買する金額と同額の日本円が口座資金として入金されていれば取引は可能です。
FXでは、1,000通貨や10,000通貨を最小取引単位として設定している会社が多くあり、会社ごとに最小取引単位が定められています。
主要なFX会社の最小取引単位と、主要な通貨ペアの米ドル円を取引するために必要な最低資金を調べてみたので、自分の資金に無理ない取引ができるように参考にしてみて下さい。
「松井証券」は、取引単位が1通貨から可能で、米ドル/円の最低資金は約5円です。
「Money Partners」は、取引単位が100通貨で、米ドル/円の最低資金は約450円です。
「LIGHTFX」は、取引単位が1,000通貨で、米ドル/円の最低資金は約4,500円です。
「みんなのFX」は、取引単位が1,000通貨で、米ドル/円の最低資金は約4,500円です。





まずは低額資金から始めよう!

初めから多額の資金での取引は、リスクも高くFX初心者にはハードルが高いと思われます。
皆さんが一生懸命に働いて得た大切なお金なので、よく理解して無理のない良い取引ができる為にも、自分に合ったFX会社選びはとても重要になります。
「松井FX」会社のように、1通貨から取引ができる場合、少額の資金で始めることができますが、資金が少ない分その損益も少なくなります。
しかし何をするにも初めから上手くいくのは難しいので、初心者の方には少額から始めることをオススメします。
比較的、取引通貨単位の小さい「松井証券FX」、「LIGHT FX」などのFX会社での口座開設からスタートしてみてはいかがでしょうか。
1万通貨での取引は、しっかりと経験や知識を得てから始めるとよいでしょう。


この記事をシェアする

TOPへ