FXを始めたいけど、何をすればいいのか!

>

リスクは必ずあります

FX初心者が気をつけることとは?

レバレッジを正しく知ることがポイントです。
レバレッジとは、分かりやすく言うと「少ない資金で大きな金額を取引することができる」、資金効率を上げるための仕組みをいいます。
FXの大きな特徴とも言えるレバレッジ。
通常の両替などは1万円で1万円分の外貨しか引取れませんが、10倍のレバレッジを使えば1万円の10倍、つまり10万円分の取引を行えるようになるという仕組みです。
金融庁のレバレッジ規制により、国内FXの最大レバレッジは25倍と定められていますが、高いレバレッジかけることにより、その分得る利益も大きくなり資金効率がよくなります。
取引が成功すれば大きな利益を出すこともありますが、失敗したときは大きな損失を出す可能性があるので、低いレバレッジから始めることをオススメします。


初心者がつまづかないために!

ハイリスク・ハイリターンと言われるFXですが、無理をせず余裕をもったポジションサイズで取引することや、初めから損失のラインを決めておくことは「ロスカット」防止にもつながります。
「ロスカット」とは、トレーダーが相場の変動により元金以上の損失を負ってしまうのを防ぐために、所有しているポジションをすべて強制的に決済することをいいます。
気が付いたら大きな損失をかかえていたということもあるので、「ロスカット」は自分の資金を守るための必要な制度とも言えます。
またFX初心者が最初につまづくことが多いのは、チャートの読み取り方だと思いますが、チャートは今後の値動きを予測するためにもとても重要なグラフです。
チャートの見方をしっかり覚えて、グラフに慣れていくことをおすすめします。






この記事をシェアする

TOPへ